一戸建てがほしい

一戸建てマイホーム購入のアドバイス

マイホーム購入なら一戸建て

世の中には、マイホームを購入しようと思っている人はかなりいることでしょう。やはり、資産となってくるものですし、特に男性にとりましては、夢のマイホームという印象が強いです。とても高額商品になりますので、夢という形になるわけですが、こうした夢を実現することができたとき、人は満足感を得ることができるのです。一家の大黒柱となった男性の場合であれば、なおさら、マイホームを購入するということは、とても大きな達成感を得ることができるのです。さて、マイホームとひとことで申し上げましても、いろいろな種類があります。新築一戸建て住宅から中古の一戸建て住宅、さらには新築のマンション、中古のマンション等となってきます。どれを好むかはその人本人次第ということになるわけですが、一般的に考えた場合、夢のマイホームで人気になっているものとしては、新築の一戸建て住宅ということになります。とても多くのお金が必要になってくるのですが、やはり、誰にとりましても新築というものを超えるものはございません。そして、とても魅力的な建物であると言えます。自分の理想の建売物件を見つけることができればそれで良いですが、自分が好きなタイプではない場合であれば、おすすめとなりますのは、新築の戸建ての中でも、注文住宅というものになります。注文住宅であれば、自分の理想をそのまま家に結び付けることができるわけです。ですから、注文住宅はおすすめです。

一戸建て住宅を建てるなら今年の4月以降です

一戸建て住宅を建てるなら今年の4月以降です。今から家を建てようとしても、3月いっぱいに家の引き渡しを受けることは不可能です。当然のことながら、今家を建て始めても、家の引き渡しが4月以降になるのです。そうなると、消費税率が5%から8%に上がっているために消費税3%分が割増しになった格好になるのです。また、建売住宅やマンションも駆け込み需要を狙っていますから、この3月いっぱいは販売側が強気の時期です。そして、4月以降は消費税率が上がっていますから、一戸建て住宅を建てたり、建売住宅を購入する人が少なくなっているはずです。住宅メーカーはどのような時でも売り上げを伸ばす必要がありますから、4月以降は安売りや安価な住宅を販売するようになる可能性が高いのです。ですから、今は様子を見る時期です。住宅購入は一生の内で一番高価な買い物になるはずですから、今更焦って割高な物件を探しても意味がありません。住宅は納得したうえで建てたり、購入したいものです。そのためには、現在の住宅の販売価格を調査しておくと良いでしょう。そうすれば、消費税率が上がる4月以降の物件が、お得な買い物かどうかも自ずとわかってくるはずなのです。そして、今からできるだけ頭金を貯めておくことをおススメします。ここ数年は住宅ローン金利が低くなったと言っても、できるだけ借りる金額が少ないに越したことはないのです。ですから住宅ローンを借りる額を少なくする方策を考えた方が得策です。

一戸建てを購入するメリット

一戸建て住宅を購入したいと考えている人は多い。マンション購入や賃貸住宅と比べてどのようなメリットがあるのだろうか。まず、一戸建て住宅を建てるには大きく分けて二つの方法がある。土地を買ってその上に注文住宅を建てる方法と建売住宅を購入する方法である。前者は、自由度が高く、自分の意見を採り入れた住宅を建てることができる。後者は、注文住宅に比べて安い価格で住宅を購入することができる。こうした住宅のメリットとしては、マンションやアパートとは異なり、壁を隔てた上下左右に隣人がいないため、騒音で悩むことが少ないという点が挙げられる。逆に、子どもがいる家庭にとっては、自分の家が隣の家に対して騒音で迷惑をかけなくて済むということもいえる。また、住宅にはその家専用の庭や駐車場が付いていることが多く、わざわざ借りなくても良いという点も挙げられる。特に、庭については、自分の好きな草花を植えて観賞したり、野菜や果樹を植えて収穫を楽しむことができるので、園芸を趣味としている人にはメリットが大きい。一戸建てを購入する際は、現在の家族の姿だけではなく、将来の姿も見据えておくことが重要である。特に、一生住み続けたいと思っている場合は、家を建てる時点でバリアフリーにしておくとか、階段以外にスロープを作っておくとかしておくと、後で大掛かりなリフォームをしなくてもよくなる。こうした住宅は自分たちでメンテナンスをする必要があるので、日ごろからメンテナンスのための資金を貯めておくことが望ましい。